好きな料理を注文しよう

>

道順を説明しておこう

目印になるものを探す

口頭で自宅までの道順を伝える際は、目印があった方が良いです。
大きな看板や建物は目印になるので、自宅近くにそれらがないか探してください。
目印を何も伝えていないと、配達員が途中で迷子になってしまいます。
迷っている間に料理が冷めてしまうので、アプリで注文した意味がありません。
料理を注文する時に目印を言い忘れた場合は、チャット機能を使ってください。

また会員登録をした時に入力した住所以外に料理を持ってきてほしい場合は、注文する時に入力しましょう。
友人の家に集まってパーティーをする際などは、自宅以外に料理を持ってきてもらいます。
自分がどこにいても、指定した住所に料理を届けてくれるので便利ですね。
みんなが食べたい料理を注文してください。

安く注文できるように

みんなが利用しやすいように、クーポンを配布しているアプリもあります。
クーポンを利用することで料金が安くなるので、高額でこれまでは避けていた料理も注文できるようになります。
クーポンに番号が記載されているので、注文する時にその番号を入力すると利用できます。
また友人を紹介することで、特別なクーポンやポイントをもらえるシステムのアプリもあります。

料理を注文できるアプリを使い始めようと思っている友人がいたら、自分が使っているアプリを紹介してください。
その場合は友人にも同じようにクーポンやポイントが配布されるので、お互いにメリットがあります。
友人に紹介する際は、アプリの何が便利なのか詳しく説明しましょう。


この記事をシェアする